育休取ったら社長になりました。
NO IMAGE

会社員 男性が10ヶ月の育休を取ってみて感じたこと

育休を10ヶ月取得して感じたことを書いていきたいと思います。

取得した結果としては

「取ってよかった」

嫁も最初は大反対でしたけど、取ってくれてよかった。と言ってくれました。

取得してよかったと感じた内容を書いていきたいと思います。

育休を10ヶ月取得してよかったと感じたこと

  • 初めての育児を嫁さんと一緒にすることができた
  • 嫁さんが育児疲れすることなく共に過ごせた
  • 離乳食などを作ったり、家事スキルが上がった
  • これからの人生について考える事ができた
  • 家族の思い出がたくさん残った
  • 新しいことにチャレンジすることができた

本当に良いことがたくさんあり、とても充実した時間になりました。

初めての育児を嫁と一緒にすることができた

これは本当に大きいことだったなぁって思います。

出産も初めてで、育児も初めて。

親と同棲しているわけではないので、親に気軽に頼むこともできずの環境の中で初めてのことを一緒に協力することができたのは

ホントに良いことだなって感じました。

初めての共同作業はケーキ入刀!みたいなイメージ多いですが

子供産まれてからのがたくさんありました。

  • おむつ交換
  • 沐浴
  • ミルク
  • 寝かしつけ
  • 離乳食
  • お食い初め
  • etc…

たくさんありました。

どれもこれも初めてな事を嫁さんと一緒にできたことは楽しく育児をする上でよかったなって感じました。

カップルの時にどこか旅行行ったり、初めてのことを一緒にする!っていう感覚ですかね?

初めてのことってワクワクしますもんね!

子育てに関しては、ワクワク<不安 のほうが強かった気もしますけど・・・(笑)

嫁さんが育児疲れすることなく共に過ごせた

出産した女の人の身体の変化について男の人は知らない。

だって妊娠も出産もしたことがないから。

でも知ることは一緒に育児する上で大事です。

出産後の変化について2分でわかる動画があるので、2分。2分の時間見てください。

 

実際嫁さんに話を聞くと、1人だったら育児嫌になっていたかもしれない

って言っていました。

でも、実際に育児してみて感じたことは

泣くことしかできない乳児と一緒にいることはなかなかに辛い時もありました。

なんで泣いているのか分かりません。

まだ言葉の喋れない子供の言葉の意味がわかる道具出ないかな…

離乳食などを作ったり、家事スキルが上がった

これもかなり今後の育児、夫婦生活においても重要かなって思いました。

離乳食って

一生懸命作るorベビーフード使う

になるんですけど、ベビーフードは高い。

毎食になると家計を圧迫します。

オムツ、ミルクとかだけでも家計を圧迫してくるのに毎食のベビーフードは家計に大ダメージです。

簡単でモリモリ食べてくれるので、我が家でも大活躍でしたけどね。

 

でも初めての子供で1度は作ってあげたい!ってことで離乳食を作って食べさせました。

 

実際作って感じたことは

時間がかかるということ

少ない量の為に結構な時間がかかります。

 

そして、時間がかかったのに食べてくれないとなると

肉体的&精神的ダメージが大きいです。

その離乳食を二人で楽しく作ってあげれたことは大きかったかなと思います。

料理に関してもアレルギー等があるので、結構気にすることが多かったです。

これからの人生について考える事ができた

子供が生まれて

僕は30歳でした。

これからずっと会社員で働いて、出張とかで家族の時間がなくなって…

なんのために仕事をするのかな。って感じるようになりました。

これからの長い人生についてあまり考えてこなかったので

育休を期に夫婦でこれからの長い人生について一緒に考えることができたのはよかったです。

  • 固定費の見直し
  • 人生設計
  • 家の購入検討(実際に買うのは辞めました。)
  • ジュニアNISA、積立NISA
  • 保険の見直し

人生においてお金は人生の選択肢を増やしていく中でとても重要だと思います。

ローンがあるから仕事をしないといけない

欲しいものがあるからお金が必要

いろんな事情で仕事をしている人がいると思います。

 

夫婦で育休をとることで、収入は下がります。

でも、下がったって思うのではなく、この下がった収入の中でどうにかしてやりくりしていこう

そう思って固定費などの見直しをしました。

無駄に払っているものはなにか?

生きていく上で何が必要なのか考えて見直していきました。

そしたら生きていく上で必要なものって全然ないんですね・・・

ミニマリストの方の気持ちがわかった気がします。笑

新しいことにチャレンジすることができた

夫婦で育休取ると時間がめちゃくちゃあるんですよね。

実際、今までのママさんたちは一人でもなんとか育児できていたわけでしたから、、、

ほんとすごいですよ。一人でできない気がする自分がここにいます。

 

でも夫婦で育休とれば家事分担すれば時間はあるので新しいことを始めることができます。

このブログもその1つです。

自分の経験してきたことを残して、他の方の参考になれば幸いです。

 

他にも、簿記の勉強、FPの勉強などをしました。

税金の仕組み、保険の仕組みなど様々な知識を得ることで人生の選択の幅が広がりました。

 

その結果家を買うのは先延ばしになりましたけど・・・

契約して100万円払ったのですけどね・・・笑

契約破棄してお金は戻ってきましたけどね。

 

まとめ

10ヶ月という期間育休をとって感じたことは

育児って大変。

ママさん1人で昼間育児している方を見るとすごいな!って思います。

育児って大変な分、成長を間近にみることができて楽しいな!って思いました。

夫婦で育児することで大変な部分が減り、楽しい部分だけが際立つので本当にオススメです。

1人で育児してると大変!って思っちゃうことが多くなりそう・・・

だってなんで泣いてるのかわかんないんですもん。なかなか察することが難しい。

 

育児は楽しくするものだなって感じました。

親が大変な思いのまま育児しても笑顔ってなかなかでないんですよね

心に余裕がないと笑顔って出にくいと思うんです。

その心に余裕をもつ手段として、夫婦で育休は1つの選択肢としてあってもいいのかなって

核家族の時代で周りの方に相談したり、ネットの情報を参考にしたりあるかと思います。

でも、ネットの情報が必ずしも正解とは限らないですからね

子供と一番近い距離にいるパパママが笑顔でいることで子供も笑顔が増えて感受性豊かな子供になると思います。たぶん・・・

ちなみに我が子はめっちゃ笑っている。

笑いのツボが浅いのか?子育てに正解はないけど、環境づくりは親次第なので頑張っていきたい。

 

NO IMAGE

人生はいつからも変えられる

29歳で子供を授かり
30歳を節目に社長になる